全国対応で契約書作成や借用書手続き等。離婚・遺言書など公正証書作成手続きも代行
内容証明&公正証書@おのじむ行政書士、東京都港区三田3-2-1-510、03-3454-1288
行政書士 小野知己 行政書士
小野知己

第05080753号


☆事務所外提携行政書士
高辻章代 行政書士
高辻章代

第05082084号

☆事務所外提携行政書士
大原秀人 行政書士
大原秀人

第12081700号
〒108-0073
東京都港区三田3-2-1 
弓和三田ビジデンス510号

営業時間:通常受付
月〜金 10:00〜18:00

応接

24時間受付
TEL:03-3454-1288
FAX:03-6277-7996
info@rights-create.com

お客さまの声

事務所ブログ

許認可はこちら

セミナー
当事務所について
特定商取引法に基く表示
ご依頼方法
ご案内
雑誌掲載
セキュリティ対策
プライバシーポリシー
ミッション
行政書士の選び方
取り扱い業務
契約その他法律に関する書類作成、相談(全国対応)
公正証書
借用書・金銭消費貸借
損害賠償・慰謝料請求
離婚・養育費
賃貸借契約
公正証書遺言・遺贈
振動・騒音NEW
工事騒音被害NEW
詐欺被害
自転車事故
交通事故示談書
webサイト著作権
クーリングオフ
婚約破棄慰謝料請求
内縁・事実婚の慰謝料
認知請求・子の養育費NEW
退職願・労働問題
悪臭被害
官公署に提出する書類作成、手続代理
在留資格入管手続き
パスポート取得申請代行
古物商申請
宅地建物取引業免許
【更新情報】
お客さまの声を追加しました。(2012.6.5)
ブログを更新しました。(2011.3.7)
お客さまの声を追加しました。(2012.3.5)
お客さまの声を追加しました。(2012.1.6)
ブログを更新しました。(2011.12.27)
お客さまの声を追加しました。(2011.12.27)
ブログを更新しました。(2011.12.6)
マンション管理士
マンション管理士
小野法務事務所
区分所有法
標準管理規約
管理業務委託契約
個人情報保護法
行政書士リンク集
・北海道/東北/関東1
・関東2
・関東3/信越/北陸/東海
・近畿
・中国/四国/九州
法律用語集
AERAの取材を受けました!
Yahoo!セカンドライフの特選ブログに小野行政書士のブログ掲載されました!
ブログへ

オレンジリボンネット

頼れる街の法律家行政書士

生活していく上で、近隣の方同士の「思いやり」って必要ですよね。

必ず、音や振動は発生させてしまいますし、お互い思いあって生活していかなくてはなりません。

その思いやりが少し欠けてしまい、自己中心的になってしまうと、ご近所トラブルとなってしまいます。

例えば、ピアノやリコーダー、お子さんがいる家庭では「学校で習った歌をママに弾いてあげたい」そんなことがあるでしょう。

それが、もし深夜だったら・・

ギター好きのお隣さんが連日連夜弾いていたら・・

まわりに気遣い、防音シートを敷いたり、床にマットを引いたり対策をしているご家庭もあるとおもいます。

お店等の振動騒音問題ではなく、住民同士の場合は、昼だからいい、何時からはダメ・・とはなかなか言いづらいものです。

夜勤のお仕事の方もいらっしゃるでしょうし、小さなお子様を抱えてる方も。
人それぞれ生活スタイルがあります。

am6時〜pm10時 pm10時〜am6時
特に静穏を要する地域 50dB以下 40dB以下
主として住居の用に供される地域 55dB以下 45dB以下
商工業住居併用地域 60dB以下 50dB以下

が、住宅地域での夜間騒音の受忍限度を40dB(図書館の騒音と同レベル)であるとし、それを超える騒音について損害賠償を命じた裁判例もあります。

もちろん、第一種低層住居専用地域(低層住宅の良好な環境を保護する為の地域)の住民や、高速道路付近の住民etc 住んでいる場所で受忍限度は違いますし

入居時に、説明を受け納得して入居しているかでも変わってきます。

振動に関しては、このような基準がないのですが、目安としては

振動レベル 震度
96〜 106 5
85〜95 4
75〜85 3
65〜75 2
55〜65 1

地震の震度3ともなれば、「地震だ!!」となりますよね。
また、工事の振動は別として、振動被害で多いのは、建設段階における欠陥により発生した振動の拡大が挙げられます。

また、音に伴う振動(洗濯機etc )もあり、音と共に問題になるケースもあります。

音も、振動も、継続すると身体に影響が出てきます。

睡眠障害、聴覚障害も引き起こし、心もイライラしたり、パニックになったりするようです。

そうならないよう未然に対処出来ればいいのですが、
ご近所付き合いが希薄になった今はなかなか当人同士での解決が難しいようです。

更に今は、大家さんや管理人の方とも顔を合わせた事がない住人も多いようです。

そうなると、なかなか解決には向かいませんね。

管理人さんに振動騒音がある事を伝え、管理人さんに間に入ってもらうのが一番でしょう。

それでも、なかなか管理人さんや大家さんが動いてくれないこともあります。

そうした場合には、内容証明郵便を送る事も有効な手段です。

ひどい場合は、損害を賠償できることも可能となります。
病院の通院の領収書などの証拠を保全しておきましょう。

但し、その「受忍限度」をはるかに超えた場合です。
内容証明は、相手を威嚇し逆上させる可能性があるので、
普段近くに居住する人同士で何かあったら困りますから・・。

さらに、警察は民事不介入と言われていますが、
「軽犯罪法」というのがあり

・・公務員の制止を聞かず、人声、楽器、ラジオ等の音を異常」に大きく出して静穏を害し、近隣に迷惑をかけたものは拘留又は科料に処される。

ですから、警察を動かす証拠として、内容証明を送るのも手だと思います。