全国対応で契約書作成や借用書手続き等。離婚・遺言書など公正証書作成手続きも代行
内容証明&公正証書@おのじむ行政書士、東京都港区三田3-2-1-510、03-3454-1288
行政書士 小野知己 行政書士
小野知己

第05080753号


☆事務所外提携行政書士
高辻章代 行政書士
高辻章代

第05082084号

☆事務所外提携行政書士
大原秀人 行政書士
大原秀人

第12081700号
〒108-0073
東京都港区三田3-2-1 
弓和三田ビジデンス510号

営業時間:通常受付
月〜金 10:00〜18:00

応接

24時間受付
TEL:03-3454-1288
FAX:03-6277-7996
info@rights-create.com

お客さまの声

事務所ブログ

許認可はこちら

セミナー
当事務所について
特定商取引法に基く表示
ご依頼方法
ご案内
雑誌掲載
セキュリティ対策
プライバシーポリシー
ミッション
行政書士の選び方
取り扱い業務
契約その他法律に関する書類作成、相談(全国対応)
公正証書
借用書・金銭消費貸借
損害賠償・慰謝料請求
離婚・養育費
賃貸借契約
公正証書遺言・遺贈
振動・騒音NEW
工事騒音被害NEW
詐欺被害
自転車事故
交通事故示談書
webサイト著作権
クーリングオフ
婚約破棄慰謝料請求
内縁・事実婚の慰謝料
認知請求・子の養育費NEW
退職願・労働問題
悪臭被害
官公署に提出する書類作成、手続代理
在留資格入管手続き
パスポート取得申請代行
古物商申請
宅地建物取引業免許
【更新情報】
お客さまの声を追加しました。(2012.6.5)
ブログを更新しました。(2011.3.7)
お客さまの声を追加しました。(2012.3.5)
お客さまの声を追加しました。(2012.1.6)
ブログを更新しました。(2011.12.27)
お客さまの声を追加しました。(2011.12.27)
ブログを更新しました。(2011.12.6)
マンション管理士
マンション管理士
小野法務事務所
区分所有法
標準管理規約
管理業務委託契約
個人情報保護法
行政書士リンク集
・北海道/東北/関東1
・関東2
・関東3/信越/北陸/東海
・近畿
・中国/四国/九州
法律用語集
AERAの取材を受けました!
Yahoo!セカンドライフの特選ブログに小野行政書士のブログ掲載されました!
ブログへ

オレンジリボンネット

頼れる街の法律家行政書士

『お金の切れ目は縁の切れ目?』

”お金返して!” ”ハッキリさせましょう。”
そんなときには内容証明&借用書の出番ですよ。

最初の言葉は、いつもこんな感じ

『必ず返すから!¥200万円貸してくれぇ』
交際していたのもあって、信頼して貯金をおろして渡しました。
当然、借用書なんか書いていません・・・

ところが、いつまでたっても返してくれませんでした。
彼の携帯に電話(メール)しても返事がなくなり、
自宅や職場に電話してもすぐに切られて無視されてしまう。

だって、知り合ったのが↓↓↓
金銭トラブル A子さんは出会い系サイトでB男さんと知り合いました。
何回かメールを交わし、電話をするうちにだんだんとB男さんに惹かれていったのです。

ある日、B男さんに「実は自分には重病の子供がいて、莫大な治療費がかかる。援助してくれないか?」といわれました。
A子さんは「出会いサイトで知り合ったけど、想いは真剣だから・・・」と自分に言い聞かせ、200万円を渡しました。

自分では、結婚を前提とした真剣なお付き合いだったはずが、その後・・・・

そう、このように最近多いのが金銭トラブル(借用書関係)のお問い合わせです。

いくら、相手が返してくれないからといっても、
しつこく催促の連絡したり自宅に貼り紙なんかしたら、逆に不法行為で訴えられちゃいますので注意。

<債権回収までの手続き例(一連の流れ)>債務不履行(民法415条)
借用書を作成する
 →お互いに貸し借りを確認する書類

内容証明を相手方に送る
 →一方的に支払いを催促する書類

債務承認の契約書を作成する
 →お互いに貸し借りを確認すること。
  返還方法や利息、支払が滞った時の対処法までを約束する書類

強制執行手続き(公正証書
 →裁判所命令など法の力で回収する?
給与や不動産の差押え


準消費貸借 特に借金相談の多くは男女の別れにまつわるものがほとんど。
別れた後に『今まで貸してたお金返して!』って。
借用書があったりもしますが、今までのやりとりが不明なケースが多いです。

「あげた?おごったの?貸したかな?」なので、この場合は金銭消費貸借契約ではなく、

コチラ⇒民法588条(準消費貸借) 
「消費貸借によらないで金銭その他の物を給付する義務を負う者がある場合において当事者がその物を消費貸借の目的とすることを約したときは消費貸借はこれによって成立したものとみなす。」

今までの貸し借りを清算して、残金を借りたものとみなして契約書にします。
(¥200万円借りたけど、先月までには合計¥50万円は返したから、¥150万円を借りたことにね!)

金銭消費貸借契約の公正証書原本

金銭消費貸借契約 公正証書さらに、分割弁済(返す)なら公正証書にしておけば強制執行も可能になるのでオススメです!

なぜなら、支払い期間が長くなると、途中で止まってしまう危険があります。
そうなっても、裁判せずに相手の財産(給料とか不動産など)から強制的に返してもらうことが出来るからです!

お金のトラブル(金銭債権)については、
公正証書に「強制執行受諾文言」を記載すれば、裁判手続きを経ずに強制的に取立てができます。

公証人が作成しますが、何の準備もなくいきなり公証人役場にいっても、作成してもらえるものではありません。

その他、案件によっては、穏便に済ませたい思いもあるでしょう。

たとえば、
友達とか家族、恋人などこれからも良い関係でいたい場合。
 または、なんとしても返して欲しい

たとえば、
相手に誠意が無い、認めてない、早く全額返して欲しい
 今現在、すでにトラブルになってる。

たとえば、
自分から言えない、相手が不明、時効かも?

まずは一度、確実にご自身にメリットのある方法を取られたほうが、先々宜しいかと思います。

オーダーメイドの書面を作成することが得策!

もし返済がされない場合には、この書類は大きな味方(裁判になっても使用出来ます)になることでしょう。


当事務所にお支払いいただく書面作成・相談・報酬
借用書作成*貸渡し前まで
(簡易版・金額や債務者の確定)
32,400円(税込)
金銭消費貸借契約書(準消費貸借・債務承認弁済)
(契約書・双方の署名捺印、違約条項など詳細な記載)
54,000円(税込)
貸金請求内容証明作成
(配達証明書付。当事務所名で発送も可(オプション有))
39,960円(税込)


借用書(契約書)作成のQ&Aはこちら

『今ある不幸や悩みは今のうちに解決しちゃいましょう!』

行政書士は弁護士ではありません…。
「訴えてやる!!!」ことは出来ませんが、"プチ裁判"ならお手伝いいたします。

あなたの想いを正当な権利として、しっかりと残しましょう。

ご相談はこちらから
無料相談フォーム

当事務所は5つの安心をお約束します
安心その1 正式ご依頼までは費用は一切かかりません。
無料メール・電話問合せ、FAX相談など100%納得の上でご依頼下さい!
あなたのお悩み解決のため、最適なプランを無料でご提案いたします。
また、案件によっては法律に規制があり、お受けできない場合もございます。
当然ですが、何のメリットも無い業務を押し売りしませんのでご安心下さい。
安心その2 当事務所の商品は”一つでも不安のない生活”のお手伝いです。
夜も眠れないほど一人で考えて悩んでいませんか?
残念ながら、今の日本の法律は完全ではありません。
弱者・被害者でもなるべくお金をかけず、効果的な手を打ちましょう。
安心その3 お客様の意向に添うよう4人の法律家が完全サポート。
『私は”こう”したい!』大切な想いを実現させましょう。
あなたと一緒に解決できる実践・行動派の私たち男女4人にお任せ下さい。迅速で心のこもった確実な対応でイライラせずに済むことでしょう。
安心その4 個人情報は保護されます。詳細は個人情報保護
自宅兼事務所ではありませんので、〒などの書面も確実にやり取りできます。
また行政書士法により守秘義務がありますので、ご依頼についての秘密は守られます。こっそり内緒で依頼できますので、誰にも知られず解決も可能です。
安心その5 報酬は明確表示!ご依頼内容はご自由にお選びいただけます。
もちろん、成功報酬など追加請求など一切ありませんのでご安心ください。
新規のご依頼はお申込者数を限定し、個別にきめ細やかなケアを約束いたします。
時間がかかる案件もありますが、全力でお手伝いさせていただきます。

『一瞬の勇気が、すべてを変えます』↓↓↓


無料相談フォーム
お問い合わせ、ありがとうございます!!!
今すぐ、ご記入ください!先着順にご回答いたします。
きっとあなたのココロのつかえが解消されることでしょう。

●以下に必要事項をご記入のうえ、「送信」ボタンを押してください。
個人情報保護方針
ご希望の対応は?*
ご相談内容*
(具体的な事件概要)
いつ頃からですか?
証拠は何がありますか?
相手の対応は?
今後について*
どのような解決を望みますか?最優先は何ですか?
ご回答の連絡方法* 電話を希望 メールのみ FAX・郵送
お手続きご希望の時期は?* 今すぐにでも 一か月くらい先 三か月以上先
お名前* (全角漢字)
」「」は「高」「崎」に置き換えてご入力下さい。
住所*

(例)港区芝2-22-23
メールアドレス*
(半角、PC用のアドレスをご入力ください)
携帯メールアドレス
(エラー防止のため、PCメール受信設定をしてからご入力ください)
電話番号*
(お電話をおかけしても良い携帯などのご連絡先)
FAX
(ご案内をお送り出来ます)
性別 女性 男性
今スグ、送信して下さい!

遅くても2営業日(48時間以内)に必ずお返事いたしますので、お待ちください。

※携帯メールやフリーメールは返信できない場合がございます。


※上記フォームがご使用いただけない方はこちら:info@rights-create.comまで上記必要事項をメールでご連絡ください。
FAXでもお問い合わせいただけます。→ ご相談シート(PDF)PDF
プリントアウトしていただき、ご相談内容をご記入いただき
FAX:03-6277-7996までお送りください。

法律の世界ではこう言われています・・・
【権利行使を怠った者は、法による助力を与えるに値しない】